スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「相棒」3人の物語

    昨夜の「相棒」“密愛”は、新聞の欄には出演者の名前がたった三人(水谷さん、岸恵子さん、国広富之さん)しか載っていなくて、どんなドラマになるのかとても興味を引かれました。

    観てみると、本当に三人だけだったと言っても過言ではない、とてもしっとりとしたストーリーでした。

    美しいフランス語の恩師と右京さんのやり取りは、とても楽しく微笑ましくて、右京さんの学生時代のそういうシーンが浮かんできました。

    その敬愛する先生の罪と、哀しいコンプレックスをあばかないといけなかったのは、とても残酷でした。

    真相がすべて分かったとき(男性が本当に先生を大切に思っていて、毒を飲ませたりしていなかったという真実は衝撃的でした)、このまま右京さんは見逃がしてあげるんじゃないかな?!と思ったり、いや、そんなことをしたら右京さんじゃなくなる!と、二つの思いが入り乱れていた私でした。

    でもやっぱり、我らの右京さんは甘い感傷で、犯罪者を見逃がしたりしない公明正大で立派な警察官でしたね。
    過剰に同情の言葉もかけないで、かっこよかったです。

    先生が自首を決意して、右京さんに断言した「あなたを呼んだのは、私がこれほどまでに愛されたということを、誰かに知ってほしかったからよ」というせりふは、奥が深いなーと感心しました。

    でもよく考えてみると、亡くなった男性は身勝手な毒殺魔だし、先生もロマンスのヒロイン気分に浸っているみたいで、もし「相棒」じゃなかったら、「そんなバカな(^_^;)」と思ったかもしれません。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+

    【岸 恵子 】1932年8月11日生れ 獅子座 木星人+
    【国広 富之】1953年4月23日生れ 牡牛座 木星人-
    スポンサーサイト

    「相棒」のすごかったトリック

    昨夜の「相棒」"越境捜査"は、2時間スペシャルでもおかしくないくらいのストーリーでした。

    益岡徹さんは、左文字シリーズの当初のレギュラーだったし、大好きな俳優さんなので、とても楽しみでした。

    そういえば、お正月スペシャルで登場した三浦浩一さんとは初共演だったかなぁと思っていたのですが、よーく思い出してみると、立花陽介シリーズで共演済みでした。
    こういうつながりって、嬉しいものです(^^♪。

    さて、今回のトリックには、本当に度肝を抜かれました。
    途中から、益岡さんちょっと怪しいなと思っていたのですが、紙幣番号を控えておこうとせず、ビデオカメラで記録することは考えもしなかったと言ったとき、もう確実だな、と思いました。

    でもそのときでも、"警察官で犯人"なんだぁと思っていたのです。
    右京さんが真相を話すまで、そう思っていました。

    それが、そもそもから警察官じゃなかったなんて……!
    そしてそれを初めっから見抜いていて、前もって鑑識の人に問い合わせていたり、犯人の隙をついて「暇か?」の人たちと連絡を取っていたり、本当にかっこいいなぁ(#^.^#)。

    右京さんのメールだけの指示で動いてくれた刑事さんたちにも大感激です。
    今までは、薫が相棒だとは当たり前に認識していましたが、本当は、右京さんの相棒はたくさんいるんだ、たくさんいたんだ、と気がついて、とっても嬉しくなったのでした。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【六角 精児】1962年6月24日生れ 蟹座 火星人+
    【山中 崇史】1971年2月5日生れ 水瓶座 水星人-

    【益岡 徹】1956年8月23日生れ 乙女座 水星人+

    「相棒」の不明人物判明

    まず、白状しなければいけません。
    「相棒シーズン7」が始まって以来、いつもテレビ欄にある「益戸育江」って誰だろう(・・?と、ずーっと不思議に思っていました。
    どうして高樹沙耶さんの名前は載ってないのに……と。

    そして今シーズンが始まってだいぶ経ちますが、やっとインターネットで検索したのでした。

    ……とにかくすごくショックでした!!
    高樹沙耶さんだったなんて……!!
    ちゃんと大々的に報道されたんでしょうか(?_?)。……知らなかった……(ーー;)。

    では気を取り直して、昨日の「希望の終盤」。
    将棋がテーマということで、すぐに「古畑任三郎」の坂東八十助さん(?)が犯人だった話を思い浮かべました。

    私は将棋は挟み将棋しか分からないので(美和子と同じ)、今回の話は難しかったです。
    でも、それだからこそ「相棒」という感じ。渋くてかっこいいストーリー&雰囲気でした。

    亡くなった男性、すごく可哀そうでした。痛々しすぎます。
    結果的に彼を追い詰めてしまうことになった二人の男性も、痛ましいですね。
    善意と希望がこんがらがって、ボタンを掛け違えて。
    “話し合う”って大事ですね。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【益戸 育江】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星

    「相棒」刑事と子ども

    「相棒 隣室の女」がありました。

    冒頭で、事情聴取されていた佐藤仁美さんの男の子を、特命課で預かっていたシーンが、とっても微笑ましかったです。
    いつも特命の二人を意地悪く監視している二人の刑事さんが、拳銃を撃つ真似をする子どもに付き合って倒れてあげたり、右京さんは撃たれても「防弾チョッキを着てますから」と答えて子どもに納得させてしまったり、薫が“ヒマか?”の人のマグカップをあげてしまったり……。
    "ヒマか?"の人が、新しい“マイ・カップ”にはしゃいでいたのが、とっても可愛かったですね。

    今回のストーリーは、なり代わりの説明がややこしくて、ちょっと頭の中でこんがらがってしまいました。複雑で面白いトリックだなぁと思いました。
    そんなにうまく行くかなぁとも思いましたが、彼女が別人になりたかった理由が、本当に無理もないと思わせるものだったので、最後に逮捕されるのはやっぱり可哀そうでした。
    お兄さんとの絆が感動的でした。
    これから、男の子とみんなたくましく生きていってほしいです。

    男の子が「野球選手になるのが夢」と知った右京さんが、安易に「なれますよ」じゃなくて、「なれるといいですねぇ」と答えたのが、好きです。

    ところで、今さらですが、オープニングのサウンドがカッコいいですね。

    【佐藤 仁美】1979年10月10日生れ 天秤座 木星人 -

    「相棒」シリーズ7 始まりの後編

    「相棒」シリーズ7の始まりの物語はとても壮大なテーマでした。

    昨夜の後編「還流~悪意の不在」で、右京さんが“兼高さんが不正に気づいたときすぐに訴え出なかった”という点を怪しいとにらんだ推理は、私も気づいてもよさそうなのに気づかなくて不覚でした。
    薫とあんなに心が通じ合っていた友達が、強請りみたいなことをするとは想像できませんでした。

    瀬戸内さんが黒幕だと分かったときはビックリしました。それについに逮捕されてしまいましたね。

    確か火曜日のNHKの「クローズアップ現代」でしたか、偶然NPOの活動について、同じような問題“困っている人たちのためにした善意の人たちの寄付と活動がアダになっている”ということを取り上げていました。

    それは、水汲みの大変な地区に、あちこち井戸を掘ってあげたけれど、何年か経って皮膚病のような病気から死に至る人が発生し始めたのです。
    原因は、井戸水に大量の砒素が含まれていたことでした。
    ちゃんと検査をしないままで現地の方たちに使用させていたというのには驚きましたが、とにかくせっかく寄付されたお金が、間違ったことに消費されてしまうというのは、とっても残念なことですよね。

    瀬戸内さんは、政治家なんだからもっとほかにやり方があったはずと思ってしまいます。
    直接困っている方たちの村に、日本政府の物資が届くようにしたりとか……。

    瀬戸内さんも、兼高さんも、人として正しい。でも実際に手を下した犯人が、動機を話したときに、強請ってきた兼高さんのことを虫けらみたいに言って、自分を正当化していたのは、腹が立ちました。
    強請りと殺人とどっちが思い悪だろうって、これから悩んでほしいです。

    ところで、神保さんの“相棒コンビをのけ者にしよう”作戦の魔の手が、「ヒマか?」の人にも伸びてきましたが、もう何だか笑えるお約束と思えるようになりました。

    「相棒」シーズン7 始まり始まり♪

    始まりました!「相棒 シーズン7」。
    昨夜はスタートスペシャル「還流~密室の昏迷」というタイトルで、さすがに2時間もあると人がたくさん出て来たなぁという印象です。
    それにもちろん、レギュラーの総出演でとても嬉しく、わくわくしました。

    津川さんは、昔出て来たときはあくどい怪しい政治家だったような気がしますが、今回は地球の平和を思う人になっていて、でもやっぱり心底からは信用できないような……怪しい人です。

    神保さんが相棒コンビにかなり敵対心をむき出しにして、この裏切り者!という感じでした。
    助けてもらったくせに……。しかもあんなハードな内情の事件……。
    バラされてもいいのかなと思いながら観ていましたが、きっと2人の人柄を信じているからこそ、あんな態度に出られるんでしょう。甘やかしすぎましたかね(^_^;)?
    でも今までかなり力になってくれた人だから、警察官として“真実の追及”には当たり前に力を貸してくれそうな気もします。期待してます。

    今回、一番ビックリ仰天したのは、伊丹さんがひどい暴力を振るったことでした。
    その前に、犯行現場のホテルの部屋で、友人を亡くした薫に対して言った言葉も、今までの伊丹さんを考えると度を越しているように思えたし。
    被疑者に暴力を振るったのは、何か作戦だったみたいだけど、許されないでしょう!
    それにその後始末のやり方もショックでした。あの嫌味3人組は、根は相棒コンビと同じ刑事魂を持ってる人たちだと信じていたのに……。
    でも、まだこの物語は続いているので、次週まで彼らを信じてみよう。

    岸部さんは、いつもどおりのおネエ言葉で、とっても冷めた人でお変わりなく。
    ステキな上司だと思います。

    さて、この前に「ナニコレ珍百景」で、寺脇さんと鈴木砂羽さんが登場。それぞれコメントが弾けてました。
    「相棒」の現場から、鑑識の人が“薫と美和子夫婦の部屋のドアの中に壁がある”を紹介してくれました。
    撮影風景もほんの少しでしたが観られました。
    「カット!」の声の後の水谷さん、寺脇さん、六角さんの表情がとっても興味深かったです。

    そして寺脇さんご自身も、ロケに行くときに見かける珍百景“非常事態の家”を紹介。
    果たしてその実体は、“塀の上に緑、黄、赤の3色の回転灯がある家”でした。
    みごと珍百景に登録となりましたが、道行く人たちのために、自分ん家で電気代を払ってまで、あんなランプをつけるなんて、奇特なご一家だと感動しました。

    私は鳥が大好きで、特にインコ系が好きなので、今回一番に“錠のかかったカゴを出ていとしの君に会いに行くオウム”が選ばれて、とても満足でした。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【高樹 沙耶】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星
    【片桐 竜次】1947年8月14日生れ 獅子座 土星人-霊合星
    【大谷 亮介】1954年3月18日生れ 魚座 土星人+
    【川原 和久】1961年12月26日生れ 山羊座 火星人-
    【山西 惇】1962年12月12日生れ 射手座 火星人+
    【六角 精児】1962年6月24日生れ 蟹座 火星人+
    【山中 崇史】1971年2月5日生れ 水瓶座 水星人-
    【岸部 一徳】1947年1月9日生れ 山羊座 火星人-
    【神保 悟志】1964年12月3日生れ 射手座 火星人+

    【津川 雅彦】1940年1月2日生れ 山羊座 木星人+
    【西岡 徳馬】1946年10月5日生れ 天秤座 木星人+
    【四方堂 亘】1962年12月9日生れ 射手座 金星人+

    水谷さんのドラマ2本

    遅くなりましたが、水谷さん関連のドラマ2本について。

    まずは、月曜ゴールデン 西村京太郎サスペンス「探偵・左文字進12 凶器の隠し場所」。

    すごーく久しぶりという感じでした。それに、もう12までにもなるんですね。

    初めのころとはいつの間にかレギュラーの方たちが違って、仲良しの刑事さんは益岡徹さん→布施博さん、左文字さんの助手は確かさとう珠緒→戸田恵子さんになっています。

    布施さんとは確か昔、「ハロー・グッバイ」という水谷さん主演の刑事ドラマで、川崎麻世さんと二人で部下の役をなさっていましたっけ。

    犯人役の佐野史郎さんは、「相棒」にもご出演。
    今回の凶器消失のトリックと、犯人が誰だかがすぐにわかってしまって、ちょっと残念でした。

    北原佐和子さんが佐野さんに、探偵が調べに来たことを電話で話した後、そのことで何もなくって肩すかしだったのが、なぜが深く印象に残りました(^_^;)。

    もう1本は土曜ワイド劇場の「相棒-劇場版大ヒット記念緊急SP 名コンビ結束の瞬間!相棒3~いま明かされる7年目の真実!」。

    タイトルに「相棒3」と付いていましたが、なぜか新しいやつだろうと思いこんでいました(・・?。
    でも、最初と最後のインタビュー以外の中身は昔のなんでしょうね……。
    “なんでしょうね”というのは、今回のストーリー、ぜんぜん記憶になかったからです(^_^;)。

    いつかのシーズンのとき、ちょっとだけ「相棒」を時々しか観ない時期もあったのですが、2時間スペシャルだったら、見逃すはずがないと思うのですが。……不覚(>_<)。

    「暇か?」の人も、伊丹さんも若いし、鑑識の人もこざっぱりしていたし、伊丹コンビの刑事さんもいなかったんですね。

    右京さんが盲腸で入院したエピソードも、あんなかわいくて賢い小さな女の子が登場したことも、とっても新鮮で新しいものとして観られたので、まぁいっか(^^♪。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【戸田 恵子】1957年9月12日生れ 乙女座 火星人-
    【山村 紅葉】1960年10月27日生れ 蠍座 火星人+
    【布施 博】1958年7月10日生れ 蟹座 火星人+
    【佐野 史郎】1955年3月4日生れ 魚座 土星人-
    【峰岸 徹】1943年7月17日生れ 蟹座 金星人-

    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【高樹 沙耶】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星
    【川原 和久】1961年12月26日生れ 山羊座 火星人-
    【山西 惇】1962年12月12日生れ 射手座 火星人+
    【六角 精児】1962年6月24日生れ 蟹座 火星人+

    初期の「相棒」

    「相棒2警視庁ふたりだけの特命係―恐怖の切り裂き魔連続殺人!」がありました(^^♪。
    土曜ワイド劇場のころので、生瀬さんが犯人のやつです。

    2ということで、薫もすごくイヤイヤ特命にいるという設定だし、「暇か?」の人も髪型が違って雰囲気も今と違っていました。今は仲良しの鑑識の人は、この回で初めて右京さんたちと顔を合わせたようです。

    薫は、まだ青臭く、右京さんの論理的&客観的推理よりも、友達だからとかいう人情のほうを重視する傾向が顕著で、ちょっとムカつきました(ーー゛)。
    刑事さんの友達や家族だから疑わない、前科があったりいかにも怪しい風貌だから怪しむ……なんて、そんな捜査官は最低だと思います!
    まあ、今では右京さんを崇拝しているし、名刑事といってもいいくらいに成長してるからいいんですが。

    犯人は検事の生瀬さん。薫と美和子の大学時代の友人でした。
    死刑判決が下ることや、後に殺されてしまうことを知りながら観るのも、また愉しかったです。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【高樹 沙耶】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星
    【生瀬 勝久】1960年10月13日生れ 天秤座 金星人+

    今日は相棒2編

    相棒「琥珀色の殺人」。今夜の舞台は詩的なタイトルにふさわしくシックで渋かったです。
    相棒ファミリーの蟹江さん、懐かしかったなー(^.^)。前のときに登場した美和子さんの可愛いおばさんも出てきてほしかったなー。

    先週の予告で蟹江さんが出たとき、「え?以前逮捕されたはず」と思いましたが、自首扱いで7年の刑……か。
    あの時殺された人のことを考えると喜んじゃいけませんが、「自分はもうカクテルを作る資格がない」ときっぱり言ってたのがよかったな。

    前の細かいストーリーは忘れてしまいましたが、今回殺されたウィスキー評論家、嫌いです(>_<)!
    “バーテンダーの資格がない人間”のことを辛口記事にするつもりだったらしいですが、自分はどれだけ美しい聖人君子の人生だっていうんでしょう!
    それに人が刑事事件で捕まったとか書いていいんでしょうか?
    だからといって殺していいってことにはなりませんけど。
    でも初老の男性2人の深い友情と比べると、あの人の“正義”が美しいものだとは思いませんでした。

    だから、これはいつもいい人が犯人になってしまったときに必ず思うことですが、もったいない……。
    今回だって、書きたいなら勝手に書かせたらよかったのに……。→そしたら他人のプライバシーを暴いた評論家の方を責める人たちだって出てきてくれるはず……。→でも私だったら、人を殺したことのある人に出されたものを飲めるかな……といろいろ考えさせられました。

    ところで、今日からまたお昼に「相棒」の再放送が始まりました(^^♪。
    今日のお話は「スウィートホーム」。薫が美和子さんのため&いつか生まれる子どものために、大きな家を安く購入。
    でもそれはその家を紹介してくれた不動産屋の女性の陰謀で、彼女は自分の父親の隠したかもしれない大金目当てで、いがみ合っている妹をその実家だった家に寄せ付けないために、警察官を住ませようとしていた……というストーリーでした。

    今夜の話のラストに出てきたカクテルの名前が「ホーム・スウィート・ホーム」!
    すごい暗合ですね(^^)v。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【蟹江 敬三】1944年10月28日生れ 蠍座 土星人+
    【田山 涼成】1951年8月9日生れ 獅子座 金星人-

    今夜の「相棒」後編

    今夜の「相棒」。先週の「ついている女」に続き、「狙われた女」。
    MEGUMI扮する春麗目当てかと思っていたのが幸子目当てか!?となっていたのが、また春麗目当てだったという、二転三転のハラハラストーリーでした。

    春麗が一人で逃げられたはずなのに、幸子を救い出しに戻ってきてくれたのには感動しました(*^_^*)。

    車椅子の人、この前の終わりでは、命を助けてもらったくせにヒドイ奴だ(ーー゛)!と思っていましたが、そんなに悪い人でもなかったですね。

    前回、池田政典さんが普通の刑事さん役で出てきたとき、ちょっとだけ違和感を感じていた気がするんですけど、やっぱりただの刑事さんじゃなかった……(でもすごくカッコいいですよね)。

    いろいろな刑事ドラマ・ミステリーでの“実は刑事が犯人”パターンはもうたくさん……という気がしていますが、「相棒」なら良いです(^^♪。特に今回のストーリーでは。

    春麗と幸子が逃げついた波止場みたいなところで、春麗がついてなかった自分の運命に怨み言を叫んでいたシーン、
    そして幸子が自分も昔はそうだったと、でも今は右京さんに言われた言葉で前向きに「やり直せる」と信じて生きていこうとしていることを語って、春麗を励ましていたシーンにはジーンときました(*^_^*)。

    刑事の犯人二人に追い詰められたところで、ちょっと間抜けなチンピラさんが撃たれましたが、あの人も「やり直せる」感じで、微笑ましかったな(^.^)。助かって本当によかった。

    右京さんたちが突撃してきて助かったとき、幸子が右京さんに思わず抱きついたシーンも好きです。

    春麗も、娘思いのお父さんと明るい未来が築けそうで、それに幸子とは素晴らしい友情が続いていきそうで、本当にめでたし、めでたし(^^♪でした。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【高樹 沙耶】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星

    【鈴木 杏樹】1969年9月23日生れ 天秤座 天王星人-
    【MEGUMI】1981年9月25日生れ 天秤座 木星人-
    【池田 政典】1966年12月1日生れ 射手座 天王星人+

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    サボテン

    Author:サボテン
    ・野鳥、小鳥、多肉植物・サボテン、お笑いと水谷豊さんとミステリーの番組が大好きです。
    ・アガサ・クリスティ、横溝正史さん、山田風太郎さん、チェスタトンなどミステリーを愛読しています。

    最近の記事
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    星が見える名言集100
    リンク
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。