スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初期の「相棒」

    「相棒2警視庁ふたりだけの特命係―恐怖の切り裂き魔連続殺人!」がありました(^^♪。
    土曜ワイド劇場のころので、生瀬さんが犯人のやつです。

    2ということで、薫もすごくイヤイヤ特命にいるという設定だし、「暇か?」の人も髪型が違って雰囲気も今と違っていました。今は仲良しの鑑識の人は、この回で初めて右京さんたちと顔を合わせたようです。

    薫は、まだ青臭く、右京さんの論理的&客観的推理よりも、友達だからとかいう人情のほうを重視する傾向が顕著で、ちょっとムカつきました(ーー゛)。
    刑事さんの友達や家族だから疑わない、前科があったりいかにも怪しい風貌だから怪しむ……なんて、そんな捜査官は最低だと思います!
    まあ、今では右京さんを崇拝しているし、名刑事といってもいいくらいに成長してるからいいんですが。

    犯人は検事の生瀬さん。薫と美和子の大学時代の友人でした。
    死刑判決が下ることや、後に殺されてしまうことを知りながら観るのも、また愉しかったです。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【高樹 沙耶】1963年8月21日生れ 獅子座 天王星人-
    【鈴木 砂羽】1972年9月20日生れ 乙女座 水星人+霊合星
    【生瀬 勝久】1960年10月13日生れ 天秤座 金星人+
    スポンサーサイト

    桃井かおりさんの霞夕子

    女検事 霞夕子シリーズ「別荘の女」の再放送がありました。
    懐かしい桃井かおりさんの夕子ちゃんです(^^♪
    驚いたことに、というかすっかり憶えていませんでしたが、事務次官さんが光石研さんじゃなくて、佐野史郎さんでした。
    夕子ちゃんのお母さん、お坊さまの旦那さん、男の子、みんなにあえて嬉しかったです。

    昔の恋人が登場するのですが、それが岸部一徳さん。
    その奥さんが犯人で、木野花さんでした。10年以上も前の夫と夕子ちゃんの恋にまでものすごい嫉妬心を燃やすものすごい奥さんでした。
    いい家柄の一人娘で、自分の考え方や生き方だけが正しいと思っていて、それを人に押し付ける女性でした。
    それで、女性らしさを愉しみながらの女性の自立を説き、彼女の夫とも遊びで関係する男性関係に奔放な夫の愛人を、別荘で殺害してしまいます。

    その犯行の夜、夫は何も知らないまま愛人に会いに来て、妻らしき人物がボートで逃げ出していくところを見てしまいます。
    部屋に入って愛人の死を発見した彼は、ベッドに落ちていた妻のイヤリングを見つけてしまって、いろいろ偽装工作。

    担当検事はもちろん昔愛した女性霞夕子ちゃんで、捜査が進んで行く中、妻への罪滅ぼしのためか夫は自分がやったと白状しますが、夕子ちゃんは男の犯行ではないと確信していたので信じず、真相を見破ります……。

    霞夕子シリーズは女性の犯人ばかりで、私はその犯人を好きになるならないは別として、どんな犯人のどんな動機のときにも同じ女性として同情できる部分がどこかにあるので、夕子ちゃんの捜査力に、「もう止めてあげて!」とちょっと胸が痛むときがあります。

    でも、最後に犯人を追い詰めて、犯人が自白してくれたときに、正義を目指す厳しさの中にも女性としての深い同情心が見られるのが好きです。

    【桃井 かおり】1952年4月8日生れ 牡羊座 火星人+
    【新 克利】1940年12月4日生れ 射手座 金星人+
    【佐野 史郎】1955年3月4日生れ 魚座 土星人-
    【岸部 一徳】1947年1月9日生れ 山羊座 火星人-
    【木野 花】1948年1月8日生れ 山羊座 火星人+

    今日は相棒2編

    相棒「琥珀色の殺人」。今夜の舞台は詩的なタイトルにふさわしくシックで渋かったです。
    相棒ファミリーの蟹江さん、懐かしかったなー(^.^)。前のときに登場した美和子さんの可愛いおばさんも出てきてほしかったなー。

    先週の予告で蟹江さんが出たとき、「え?以前逮捕されたはず」と思いましたが、自首扱いで7年の刑……か。
    あの時殺された人のことを考えると喜んじゃいけませんが、「自分はもうカクテルを作る資格がない」ときっぱり言ってたのがよかったな。

    前の細かいストーリーは忘れてしまいましたが、今回殺されたウィスキー評論家、嫌いです(>_<)!
    “バーテンダーの資格がない人間”のことを辛口記事にするつもりだったらしいですが、自分はどれだけ美しい聖人君子の人生だっていうんでしょう!
    それに人が刑事事件で捕まったとか書いていいんでしょうか?
    だからといって殺していいってことにはなりませんけど。
    でも初老の男性2人の深い友情と比べると、あの人の“正義”が美しいものだとは思いませんでした。

    だから、これはいつもいい人が犯人になってしまったときに必ず思うことですが、もったいない……。
    今回だって、書きたいなら勝手に書かせたらよかったのに……。→そしたら他人のプライバシーを暴いた評論家の方を責める人たちだって出てきてくれるはず……。→でも私だったら、人を殺したことのある人に出されたものを飲めるかな……といろいろ考えさせられました。

    ところで、今日からまたお昼に「相棒」の再放送が始まりました(^^♪。
    今日のお話は「スウィートホーム」。薫が美和子さんのため&いつか生まれる子どものために、大きな家を安く購入。
    でもそれはその家を紹介してくれた不動産屋の女性の陰謀で、彼女は自分の父親の隠したかもしれない大金目当てで、いがみ合っている妹をその実家だった家に寄せ付けないために、警察官を住ませようとしていた……というストーリーでした。

    今夜の話のラストに出てきたカクテルの名前が「ホーム・スウィート・ホーム」!
    すごい暗合ですね(^^)v。

    【水谷 豊】1952年7月14日生れ 蟹座 水星人+
    【寺脇 康文】1962年2月25日生れ 魚座 天王星人+
    【蟹江 敬三】1944年10月28日生れ 蠍座 土星人+
    【田山 涼成】1951年8月9日生れ 獅子座 金星人-

    カレンダー

    01 | 2008/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -
    プロフィール

    サボテン

    Author:サボテン
    ・野鳥、小鳥、多肉植物・サボテン、お笑いと水谷豊さんとミステリーの番組が大好きです。
    ・アガサ・クリスティ、横溝正史さん、山田風太郎さん、チェスタトンなどミステリーを愛読しています。

    最近の記事
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    星が見える名言集100
    リンク
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。