スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大盛り上がりの「ボキャブラ天国スペシャル」

    「タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル」を観ました。

    私は当時、たまに観るだけだったと思います。
    特にお色気ボキャブラコーナーが始まった頃から、だんだん遠のいていったかな。
    もう10年になるんですね~。

    ネプチューンのホストコントはよく憶えています。大好きでした。
    彼らは全然変わらないですね。
    あのドタバタコントも大好きです。やっぱりホリケンは特別な人ですね(^_^;)。
    名倉さんの顔などにちょっかいを出して一言言うシリーズはたまりません(*^。^*)。最高です。

    爆笑問題は過去の傑作集も最高に面白かったし、太田さんはしゃいでましたね。
    この2組の今回のネタはやっぱり別格だったと思います。

    ネプチューンの(長い)ホストコントは、ホリケンの“ジュンジュワー”も聞けたし、その部分は面白かったです。
    でもネタ自体は私にはそうでもありませんでした(^_^;)。

    爆笑問題のは素晴らしい!
    ネプチューンが満点を出した後だったので心配でしたが、ほっとしました。

    2組が30点満点を出して、多数決で再度優勝を決定ということになって、私には文句なしの結果となりました。
    爆笑問題、おめでとう!!

    どちらのコンビ(トリオ)も、若手に戻ったように心から喜んでいるのが伝わってきて、とっても微笑ましく、またジーンときました。

    TAKE2やパイレーツなど、顔をそろえてもぎこちないコンビを見るのは、ちょっと落ちつきませんでした(^_^;)。

    あれだけ芸人さんが集まると、解散した、まだ売れない、これから残っていけるかわからない、などいろいろ深刻であろう悲喜こもごもを、きっと内に秘めているんだろうなと、切ない気持ちにもなりました。

    【タモリ】1945年8月20日生れ 獅子座 水星人-
    【爆笑問題 田中 裕二】1965年1月10日生れ 山羊座 土星人-
    【爆笑問題 太田 光】1965年5月13日生れ 牡牛座 土星人-
    【ネプチューン 名倉 潤】1968年11月4日生れ 蠍座 金星人+霊合星
    【ネプチューン 堀内 健】1969年11月28日生れ 射手座 木星人-
    【ネプチューン 原田 泰造】1970年3月24日生れ 牡羊座 天王星人+
    スポンサーサイト

    アメトーーーーーーク

    「Qさま」に続いて、これもよくスペシャルをしてくれる印象がある「アメトーーーーーーク」。いつ観ても面白すぎます(^・^)。

    私が一番楽しみにしていたのはスラムダンク。
    売れっ子芸人のはなくていいから、もっともっと時間をとってほしかったです。

    前田ちゃんが、スラムダンクのアニメが放送されていたからアナウンサー試験のときにテレ朝しか受けなかったと言っていたのは、ちょっと見直しました。

    私は当時はアニメだけでスラムダンクを観ていて、それっきりでした。
    が、何年か前に、世の中の子供たちが夏休みだったとき、ちょっとだけ再放送があって、とても懐かしくてたまらなくなって、コミックスを全巻揃え、関連本もユーズドで買いあさり、DVDボックスも買いました。

    私は流川くんの大ファンだったので、11番のユニフォームやレプリカの入っているやつをインターネットでやっと見つけて、6万円以上もしたけど、分割払いで手に入れました。

    手元に届いてしばらくは何日も何日も続けて観ましたが、最近は押入れに入れっ放しでした。
    それがアメトークで盛り上がっていて、とても嬉しかったです。

    ピックアップされた名場面は、私もどれも好きな場面ばかりでした。
    流川→花道のパスが通って二人がタッチ!したシーンをコミックで初めて見たときはすごく感動しました。
    監督の悲しい過去の思い出も、改めてジーンときました(;_;)。

    ミッチーの「バスケがしたいです(ToT)」のカットを、突然庄司が取り出したときには、井上先生に描いてもらったの!?とビックリしましたが「自分で描いた」なんて……(ーー;)。
    でもそれくらい好きなんですね。

    家電芸人さんたちの話もとっても盛り上がっていました。
    それに本当にすごく参考になりますね。

    特にプラズマテレビと液晶テレビの違いや、ブルーレイディスクの説明は、我が家でこれから買い換えないといけないものなので、とても興味深かったです。

    ブルーレイディスクでもDVDが観られるというのは、安心しました。
    ブルーレイに統一するというニュースを聞いたとき、じゃあもう買ってしまっているDVDディスクはどうなるの!?とすごく不安だったので。

    Qさまスペシャル

    「Qさま」の“プレッシャースタディ”ってよくスペシャルしますねー(^.^)。
    このコーナーが始まった頃は、すごく面白いのが始まったなーと、毎回楽しみにしていたものですが、最近はちょっと飽きてきました。
    出題も、同じ問題がしょっちゅう出るし……でも憶えてないのが多いけど(^_^;)。
    また前みたいな本当の「Qさま」が観たいなぁ。

    昨夜は、ほかに観たい番組がなかったし、千原ジュニアが出たりして(お兄ちゃんは出してもらえないんですね……(^_^;))新鮮だったので、とっても楽しめました。
    最強アナウンサー軍団VS超インテリ芸人軍団の対決で、もちろん芸人さんチームを応援してました。

    アナウンサーチームが、予想通り本当に強くて優秀で、デッサンのところまでは絶対に勝てないだろうなと思ってあきらめの気持ちで観ていました。
    上級クイズで3問すべてクリアしないといけないというところで、まさかのクリアをしてしまったときは驚喜乱舞しました。すばらしい!
    ダメだったらもう「はじめてのおつかい」に替えようと思っていましたよ。
    だってアナウンサーチームが勝つなんて、どのクイズバラエティ番組でも普通すぎてつまらないですから。

    次長課長の河本が“隣の千原ジュニアを恐れている”芝居をして、時間をとっていたのがちょっとムカムカ(ーー;)。早く書いて!と思ってました。

    アナウンサーチームでも、青木が“新人女子アナたちを目のかたき”にして、女子アナたちが難しめの問題を解いたら「私もわかってたんですけど」といちいち言ってて、時間がもったいないなーと思いました。しかも特に面白コメントでもないし……。

    最初は、吉田照美さんが間違ったときだけ出ていた面白過去写真が、今は彼が正解しても出されるのが面白いですねぇ。
    宮美子さんが「あの写真のおかげで解けた」みたいなことをおっしゃっていたので、受験シーズンにあの写真のTシャツやお守りがはやったら笑えます(*^_^*)。

    いつも難しい漢字が出ると、電子辞書でカンニングするのですが、時々辞書に載っていないのがありますね~。
    「ネプリーグ」でも。
    “讐”を“かたき”と読むのは思いつきませんでした。
    社会科系の問題をよくクリアしていたオードリーの人と、髭男爵の人には感心しました。

    そうやって、せっかくせっかくアナウンサーチームに勝てたのに、あんなに簡単な慣用句の問題でアンタの山崎がミス(>_<)。もう本当にガッカリしてあきれました。もったいない……。

    でも、「ボクが間違えたときに寄せられる苦情がハンパないんですよー(ToT)と言ってたのが最高に笑えたので、許します。

    カレンダー

    08 | 2008/09 | 10
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    プロフィール

    サボテン

    Author:サボテン
    ・野鳥、小鳥、多肉植物・サボテン、お笑いと水谷豊さんとミステリーの番組が大好きです。
    ・アガサ・クリスティ、横溝正史さん、山田風太郎さん、チェスタトンなどミステリーを愛読しています。

    最近の記事
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    星が見える名言集100
    リンク
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。